腸内フローラとオメガ3系脂肪酸の関係は?食事に取り入れるポイント

腸内フローラとオメガ3系脂肪酸の関係は?

腸内環境を改善するために必須脂肪酸オメガ3系脂肪酸の取り方が大切になります。
なぜオメガ3系脂肪酸脂肪酸を摂るといいのでしょうか?
オメガ3系脂肪酸の種類役割摂取方法を理解して腸内環境を整えましょう。

オメガ3系脂肪酸とは?

脂肪(脂質)は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分類されます。
「不飽和脂肪酸」はさらに「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分けられ、「多価不飽和脂肪酸」はオメガ3系脂肪酸オメガ6系脂肪酸オメガ9系脂肪酸に分けられます。

それぞれに含まれる脂肪酸の種類として、オメガ3系脂肪酸にはα-リノレン酸DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)オメガ6系脂肪酸にはリノール酸アラキドン酸オメガ9系脂肪酸にはオレイン酸パレミトレイン酸があります。

オメガ3系脂肪酸の種類

そのオメガ3系脂肪酸にはα-リノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)がありこれらが含まれるのが、亜麻仁油えごま油シソ油魚油などです。

α-リノレン酸は体内でDHA、EPAに変わる性質があります。
食事でとる場合は熱に弱いので加熱せずにそのまま使用するのがおすすめです。

α-リノレン酸は体内で作ることができないため食事で摂取しなければならない「必須脂肪酸」です。

オメガ3系脂肪酸の役割

腸内フローラの理想的なバランス

オメガ3系脂肪酸には、
・腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える
中性脂肪を減らす
コレステロール値を調整する
血液をサラサラにする
アレルギー症状の緩和
美肌効果

などの効果があります。

オメガ3系脂肪酸の摂取量

オメガ3系脂肪酸の摂取量

日本人の食事摂取基準は1日あたりのオメガ3系脂肪酸の摂取量は、約1.6~2.4gが推奨されており、オメガ3系脂肪酸オメガ6系脂肪酸理想的な摂取比率1:2~4と言われておりますが現代の食生活での比率は1:10以上と言われており、明らかにオメガ6系脂肪酸の過剰摂取という状態になってしまっています。

オメガ6系脂肪酸の摂り過ぎには注意

オメガ6系脂肪酸は加工品やファストフードなどに使用されるサラダ油紅花油ゴマ油コーン油などがあり、家庭で調理する時に使われる油によく含まれています。
オメガ6系脂肪酸も必須脂肪酸細胞膜やホルモンを作るために必要なものです。

しかしオメガ6系脂肪酸は腸内細菌のバランスの乱れ肌荒れアレルギーの原因などにもなってしまいますのでオメガ3系脂肪酸とバランスよく摂取することがとても大切です。

オメガ3系脂肪酸のまとめ

腸内環境の改善にはオメガ3系脂肪酸の摂取がとても重要になります。

現代の食生活ではオメガ6系脂肪酸を摂りすぎる傾向にあるため、普段の食事の中に積極的オメガ3系脂肪酸を取り入れる工夫をしましょう。
オメガ3系脂肪酸は熱に弱いので加熱せずに摂取した方が効果的です。

腸内フローラと食生活の改善
腸内フローラを改善するのに最も大切なのは食生活の見直しです。 食生活を見直すことで積極的に摂取したいもの、摂取を控えたいものがわかります。腸内...

執筆者:HANA

腸内フローラサプリ|成分と価格を徹底比較したおすすめランキング

腸内フローラサプリ購入ランキングBEST3

美のフローラゼリー 美のフローラゼリー
美腸習慣したいなら美のフローラゼリーです♪

LAKUBI(ラクビ) LAKUBI(ラクビ)
太っている人にはデブ菌が多い?!

女神フローラ 女神フローラ
17種類、1.7兆個の乳酸菌由来成分がたっぷり!

▼腸内環境が気になる方へ!おすすめサプリを選びたいなら♪▼腸内フローラサプリおすすめランキング>>腸内環境改善サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<

関連記事

腸内フローラを食事で整えるために必要なオリゴ糖とは?

腸内フローラを食事で整えるために必要な【オリゴ糖】とは?

腸内フローラと食生活の改善

腸内フローラの改善と食事の関係は?食生活を見直す

発酵食品は腸内フローラの改善に役立つ?

発酵食品は腸内フローラの改善に役立つ?食事で発酵食品を摂る

腸内フローラと食事の関係食物繊維

腸内フローラと食事の関係【食物繊維】の種類や働きとは?